世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長/上野毛通り歯科(上野毛駅・歯科)の院長紹介ページ

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長

TAKAO SATO & YOUKO

いかに良い状態で歯を残し、それを長く維持していくのが歯科保存治療

大学卒業後、東京都内の歯科医院で勤務医を経て、2012年に東急大井町線「上野毛駅」より徒歩2分の地に『上野毛通り歯科』を開院。

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長

上野毛通り歯科

世田谷区/上野毛/上野毛駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

人に感謝される仕事をしたいと思って進んだ歯科医への道。

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長

【佐藤 隆夫 院長】
歯科医師である父の仕事を見て育ったことが大きいように思います。漠然としたものでしたが、子供の頃より、医師か歯科医師、どちらかになるものだと思い込んでいました。私には兄がいるのですが、その兄が先に医師を選んだことで、結果としてあとに続く私は歯科医師を選んだのです。
本当の意味でこの仕事に意義を見出すようになったのは臨床医になってからのこと。師と仰ぐ先生との出会い、それから患者さんに喜ばれることを実際に経験したことで、自分の歩んでいく道が定まっていったように思います。
2012年に、東急大井町線「上野毛駅」より徒歩2分のこの場所に、歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の『上野毛通り歯科』を開院致しました。縁あって巡り会うことの出来たこの地域の皆様の健康を生涯にわたり見続けていければと考えています。

【佐藤 洋子 副院長】
父が医師だったということもあり、人に感謝される仕事をしたいと思っていました。加えて、小さい頃から細かい作業が好きだったこともプラスに働きたましたかね。思い込むでもなく、ごくごく自然にこの道を選んだというところかと思っています。

いかに良い状態で歯を残し、それを長く維持していくのが歯科保存治療。

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長

【佐藤 隆夫 院長】
いかに良い状態で歯を残していくか。あらゆる手段を用いながらその状態をお作りし、かつ、それを長く維持していくのが歯科保存治療ということになります。医療の進化にともない、最近はその保存の技術も多岐にわたってきました。抜歯を余儀なくされた箇所に自分の残っている親不知を当てる自家歯牙移植。あるいは、失われた骨を再生療法によって取り戻してく方法もしかり。常に技術と知識をブラッシュアップさせていくことに努め、患者さんに高いレベルの医療を提供していきたいと考えています。
当院には歯科医師、歯科衛生士のほかに歯科技工士も在籍しています。義歯をはじめとした補綴物の修理・製作をメインにおこないますが、時に、私と一緒に噛み合わせを診ることもあります。私自身、その道の専門家と場を共にすることで、視野が広がり、細かい部分のクォリティをさらに突き詰めるようにもなりました。スタッフ全てがプロとしての誇りを持ち、妥協をすることなく研鑽を積んでいきたいと考えています。

治療へのモチベーションを高めることにも役立つ「お口の説明書」。

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長

【佐藤 隆夫 院長】
当院ではご自身のお口の中のことが「わからない」ということがないように配慮していきたいと思っています。やはり、記憶の中にあるのと、資料が手元にあるのとでは、日々のお口のケアの精度も違ってきます。お口のことについてはどうしても患者さん自ら頑張っていただかなくてはならない部分があります。ゴールがあり、そこに至るアプローチが明確になることで、患者さんご自身もモチベートしやくなると思うのです。
もちろん、中には「説明はいいから…」という方もいらっしゃいますよ(笑)。でも、そんな方に「こんな歯医者は初めてだ。しっかりやんなきゃ」という風に言っていただけたりしますと、こちらも俄然モチベーションが高まってきますね(笑)。

【佐藤 洋子 副院長】
レントゲン写真やお口の中の写真をお撮りしたうえ、詰め物の位置や歯周ポケットの検査結果等をわかりやすくまとめた「お口の説明書」を皆さんにお渡ししています。どの歯をどう治療したのか。歯ブラシの効果はどうか。一目でご理解いただけるのがこの説明書の意味のあるところであり、患者さんの治療へのモチベーションを高めることにも役立っているようです。

小さなお子さんの歯のケア、お気軽にご相談ください。

【佐藤 隆夫 院長】
食習慣や味覚形成。具体的に行動を起こすことも大切ですが、何に気をつけるべきか知っていただくだけでも非常に有益です。歯科の疾患は防げるもの。ご両親に知識を持っていただくことがとても大切なことで、当院ではお子さんをお持ちのお母さんにアドバイスを差し上げています。
それからまた、将来のことを考え、ご家族の方の通院に小さなお子さんを連れてきていただくこともお考えください。いきなり、「治療をする」という状態で来てしまうと、やはり歯科に恐怖心を持ってしまうこともありますし、まずはこの雰囲気に慣れてもらうということも大切と考えています。

【佐藤 洋子 副院長】
治すことも重要なことですけども、やはり予防に勝るものはありません。私たち自身、2人の子供を抱え、治療と並行して子育てにあくせくする日々を送っています(笑)。親目線と言いましょうか、歯ブラシ指導をするにしても経験に基づいたアドバイスが出来ると思いますので、どうぞお気軽にご相談ください。

これから受診される患者さんへ。

【佐藤 隆夫 院長】
技術は高く、されど敷居は低い歯医者さんでありたいと思っています。お口の中のことはどんな小さな悩みでもお気軽にご相談ください。親しみやすく頼りがいのある街の歯医者さんとして皆様の健康のお役に立っていければと思っています。

【佐藤 洋子 副院長】
私自身、小さい頃は「歯医者さんって怖い」というイメージを持っていました。でもだからこそ、患者さんの身に寄り添った診療を提供していきたいと思っています。ご家族でいらしていただけ、皆さんが笑顔になってお帰りいただけるような歯医者さんでありたいと思っています。

※上記記事は2014年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長 MEMO

  • 生年月日:[佐藤 院長]3月13日 [洋子 副院長]7月30日
  • 出身地:[院長]埼玉県 [副院長]神奈川県
  • 血液型:[院長]A型 [副院長]O型
  • 趣味・特技:[院長]子育て [副院長]茶道
  • 好きな本:[院長]医学書 [副院長]旅行雑誌
  • 好きな映画:[院長]オールジャンル [副院長]ディズニー映画
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:[院長]誠心誠意 [副院長]日進月歩
  • 好きな音楽:[院長]ソウル、R&B [副院長]クラシック
  • 好きな観光地:[院長・副院長]ウィーン

グラフで見る『佐藤 隆夫 院長 & 洋子 副院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート