世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

矢部 晃一郎 院長/世田谷代田デンタルクリニック(世田谷代田駅・歯科)の院長紹介ページ

矢部 晃一郎 院長

KOICHIRO YABE

患者さんとの一期一会を大切にして
地域の方に予防歯科、審美歯科治療のニーズに応える

九州歯科大学卒業後、九州大学病院にて研修。新宿インプラントセンター・メディカルセンター歯科での勤務、梅ヶ丘ファミリー歯科 院長経験を経て2012年、世田谷代田デンタルクリニックを開院。(小田急線世田谷代田駅南口を出て、徒歩約15秒)。 

矢部 晃一郎 院長

矢部 晃一郎 院長

世田谷代田デンタルクリニック

世田谷区/代田/世田谷代田駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

憧れの先生のような歯科医師を目指して

矢部 晃一郎 院長

子どもの頃は歯医者さんが嫌いで治療に行く時間になると押入れに隠れていました。かかりつけ医だった歯医者さんは高齢の優しい方で嫌がる私を家まで迎えに来てくれる方でした。次第に「こういう人になりたい」という気持ちを持つようになり、小学校4年生の頃には歯科医を目指そうと心に決めていました。小学校や中学校の卒業文集には「将来、歯科医師になる」と書いていたくらいです。
九州歯科大学卒業後は九州大学病院で研修医終了後、新宿にあるインプラントセンター・メディカルセンター歯科に勤務。歯科治療とインプラント治療について学びました。当時はインプラント治療が全盛の頃だったので、症例がたくさんあり、多くの患者さんを診察して経験を積みましたね。その後の梅ヶ丘ファミリー歯科では一般歯科治療を中心とした診療で院長職を経験。2012年、世田谷代田デンタルクリニックを開院いたしました。(小田急線世田谷代田駅南口を出て、徒歩約15秒)。 

歯科医院らしくない院内で幅広い治療を提供

矢部 晃一郎 院長

世田谷代田は妻の実家も近くなじみのある地域です。地域の方に貢献したいという思いもありこの場所に開院を決めました。まだ駅前は開発途中とのことなので今後さらに発展していくと思います。
診療をしていて感じるのですが、世田谷は歯に対する意識が高い方が多いと思います。歯に関する勉強もされていて、診療内容のご説明の際にいろいろご質問をいただくこともあります。治療に求める技術レベルも高く、治療が終わってもメンテナンスのために毎月通ってくださる方が多いのでとてもやりがいを感じています。年齢層はお子さんから若い方、ご高齢の方まで偏りなくいらっしゃいますが、一時期保育園も行っていた関係もあり、今は比較的お子さんの患者さんが多いですね。
予防歯科と審美歯科に関心が高い患者さんが多く意識の高さを感じています。また、インプラントの知識をお持ちの方も多く、ご自分から治療を希望される方もいらっしゃいます。歯がなくなる中高齢の世代だけでなく、30代や40代の若い世代の方がインプラント治療をされる点も地域の特色ではないでしょうか。ほかにも歯科治療はさまざまな対応が可能で、可能な限り歯を削らないミニマムインターベーション治療や3-mixMP法、顎関節症などお口周辺の治療も行っています。
私も含めてドクターは4人いるんですが、インプラント、審美治療、歯周病治療、歯根の治療、口腔外科などそれぞれ得意分野があります。専門性の高い技術を持っており、4人でチームとして患者さんを診ていくことも可能です。以前、他の歯医者さんでうまく行かなかった治療でもドクター全員でミーティングをして専門的な視点から治療を組み立てて行きます。

素材や品質にこだわった審美歯科治療

矢部 晃一郎 院長

この地域の方は審美治療に関心があり、値段よりもいい物で治療したいという要望が非常に高いですね。昔はステイタスの一つであったゴールドのかぶせ物をされている方も多く、白く高品質な技工物を使用して治療をやり直す方もいらっしゃいますね。
また、セラミックやジルコニアなど審美性の高い技工物にも詳しく、色についても厳しい目をお持ちです。特に人気が高い素材がジルコニアで金属を使用していないこと、強度が高いというメリットがあります。色の調整に関して以前は一度で決まらないことも多かったのですが、技工士さんに来ていただくなどして、連携をとり細かい打合せを重ねることで、今では患者さんのこだわりに沿ったものが作製できています。最初の段階でかなり細かく色をみているので修正なく進むことも増えています。若い方だけでなくご高齢の方も歯の審美性を気にされる方が多いのもこの地域の特色です。幅広い年代の方に対応していますので、歯の色が気になる方は一度ご相談頂ければと思います。

お子さんから大人まで歯の維持にかかせない予防歯科治療

当院が力を入れているもう一つのことが予防歯科治療です。大人の方であっても歯のブラッシングは長い間行う内に癖がついてしまうことやしっかり磨けていないことは多いものです。歯垢に赤く染める液を塗り、ひと目で分かる状態でブラッシングへのアドバイスを行います。合わせて歯のクリーニングも行います。
お子さんの場合には、歯科医院が怖いというイメージを持っていることも少なくありません。ですから最初は座ってお話をするだけなど歯科医院の雰囲気に慣れることから始めます。そして徐々に歯磨きの指導に入って行きます。時にはお父さん・お母さんにも一緒に磨いてもらうなどご協力をお願いすることもありますが、まずは歯磨きの習慣をつけることを基本としてフッ素などの予防措置も併用して行います。お子さんに関しては自分の子供の頃の経験もあり、最初から虫歯を作らない環境を作ってあげたいという思いがあります。1歳から歯磨き指導をしていき、大人の歯になっても虫歯ゼロであることを目指したいですね。

これから受診される患者さんへ

クリニックが開院の際立てたコンセプトは「歯科医院らしくない歯科医院」ということです。子どものころの体験があるためか、歯科医院独特の匂いや内装は子供の頃の歯科医院に対する嫌なイメージがあったからです。ですから、デザインもカフェや美容院をイメージして設計し、院内には3か所でアロマを炊き、ご来院される患者さんがリラックスしていただけることを大切にしています。
そして、治療の際に念頭に置いているのが、一本の歯の出会いを大切にという気持ち。患者さんとの一期一会を大切に、時間をしっかりとり、患者さんと相談をして治療をしていくことをモットーにしています。気になるところの治療だけでおしまいではなく、治療後もメンテナンスを通して長く患者さんとお付き合いをして行きたいと考えています。歯の審美や予防には特に力を入れておりますので、何か困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

矢部 晃一郎 院長 MEMO

  • 出身地:福岡県
  • 趣味:子どもと遊ぶこと
  • 好きな本・作家:専門書
  • 好きな映画:パッチアダムス
  • 座右の銘・好きな言葉:一期一会
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ギター曲、子ども向けの曲
  • 好きな場所:家族とお出かけする場所、公園など

グラフで見る『矢部 晃一郎 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート