世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

板垣 淳司 院長/等々力歯科クリニック(等々力駅・歯科)の院長紹介ページ

板垣 淳司 院長

ATSUSHI ITAGAKI

有資格者のスタッフでご満足いただけるオーダーメイドの治療をご提供。

大学卒業後、勤務医を経て、等々力駅より徒歩1分の親戚が診療していたこのクリニックを引き継ぎ、歯科・小児歯科・矯正歯科を標榜する『等々力歯科クリニック』を開業。

板垣 淳司 院長

板垣 淳司 院長

等々力歯科クリニック

世田谷区/等々力/等々力駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

パイロットに憧れた子供時代。マイナスイメージを払拭できる歯医者を目指し。

板垣 淳司 院長

子どもの頃はパイロットに憧れていました。それがいつの間にか、この道を目指すようになっていたのですが、それには、従兄弟を始めとして身内に歯医者さんが多かったことが影響したかもしれません。
大学を卒業したあとは勤務医を経て、親戚の先生が診療をされていたこちらのクリニックを引き継ぐこととなりました(東急大井町線・等々力駅より徒歩1分)。歯科・小児歯科・矯正歯科を標榜する等々力歯科クリニック自体の歴史を言えば、もう26~7年経っていることになるでしょうか。
身内に同業が多かったものの、子どもの頃は皆さんと同様、歯医者さんにはマイナスのイメージを持っていました。そのイメージを払拭出来るようなクリニックでありたいと思っていますし、「ここに来れば安心だ」と皆さんに思っていただけるよう努めていきたいと考えています。

ご満足いただけるオーダーメイドの治療を。

板垣 淳司 院長

やはり、患者さんのために、ということです。エビデンスに沿いながら、患者さんの求めるオーダーメイドの治療を手掛けていきたいと思っています。
当クリニックの治療過程で、保険診療と自費診療との差はありません。保険診療では、たとえばかぶせ物を作る際の“仮付け”という工程を省略することが一般的になっています。仮付けをおこなわないでも上手くいくこともあるかもしれませんが、歯の高さやサイズをチェックし、患者さんに納得のいくものを提供するためには、こうした工程を省くことは出来ないと私は思っています。
自分がされてイヤなことは患者さんにもしない。それを原則として、患者さんに満足いただける診療をおこなっていきたいと考えています。

歯周病認定医として納得のいく結論を一緒に導いていきたい。

板垣 淳司 院長

歯周病はご高齢の方がかかる病気というイメージをお持ちかもしれませんが、まだ若い、20代や30代の人にも決して珍しい病気ではありません。実際、そうした状況に陥り、「何とか残せないだろうか」というオーダーもよくお受けしています。
当クリニックでは、エムドゲインという治療方法を用いています。これは、悪くなってしまった骨や歯周組織を除去した上で、エムドゲインゲルといって、たんぱく質を主成分とする材料を挿入し、骨の活性化を図り、歯の動揺を改善するものです。患者さんは誰もが歯を残したいと希望されますし、その希望に沿えるよう、あらゆる手段を用いていくことになります。
とはいえ、同じ状態であっても、年齢によって治療方法の選択はより慎重であるべきなのかもしれません。残したことで他の歯に悪い影響をもたらすケースもないとは言えず、予後の長さ等も考慮した上での判断が必要になってきます。患者さんが何を望んでおられるか。それをまず優先し、リスクもしっかりご説明した上で、納得のいく結論を一緒に導いていくことになります。

技工室完備の院内、有資格者のみが在籍しより良い歯科治療を提供。

技工室を完備している歯科医院は珍しいかもしれませんね。おそらく、10軒に1軒もないという割合になるでしょうか。技工物とは、既製品ではなく、1つ1つがオーダーメイドになるので、傍にいる技工士にダイレクトに要求が出来ることは非常に大きなメリットになると考えています。
色合わせを例にしましょう。どれほど優れたカメラであっても、メーカーや機種によって色合いが微妙に異なりますし、作る人間が直接見ておこなえば、その結果は明らかだと思います。
その他に、技工物を修理する時でも円滑におこなえますし、患者さんをお待たせする時間も少なくなります。最初にもお話ししましたが、自分の口の中に入れると仮定して、納得のいくものを提供したいですね。

『等々力歯科クリニック』は、歯科技工士も含め、有資格者のみが在籍しています。プロであることが、妥協を廃し、患者さんにより良い歯科治療を提供する前提になると考えています。

これから受診される患者さんへ。

提携している託児所でお子さんを預かっていただくシステムがありますし、スタッフの手が空いてるときは、お母さんが治療をされている間、待合室で預かることも可能となっています。小さいお子さんをお連れのお母さんも、安心していらしていただければと思っています。

歯科医院へは、美容室へいくような感覚でお口のケアに訪れてみてください。何かあってからいらっしゃる方は、私の経験上、そのほとんどがすでに大事になっています。治療が終わってからが本当のスタート。その意識を持ち、お口の健康に取り組んでいただきたいですね。

※上記記事は2015.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

板垣 淳司 院長 MEMO

  • 出身地:茨城県
  • 趣味・特技:登山
  • 好きな本もしくは愛読書:歯科関連書籍
  • 好きな映画:Dlife
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:山

グラフで見る『板垣 淳司 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート