世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

平野 武弘 院長/ひらの矯正歯科クリニック(三軒茶屋駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

平野 武弘 院長

TAKEHIRO HIRANO

そしてコミュニケーションを大切に
充分な検査と的確な診断を心がける

平野 武弘 院長

平野 武弘 院長

ひらの矯正歯科クリニック

世田谷区/太子堂/三軒茶屋駅

  • ●矯正歯科

エンジニアの道からチャンスをもらい歯科医師の世界に進む

平野 武弘 院長

お恥ずかしい話ですが、私は子供の頃、しょっちゅう歯医者さんのお世話になっていました。あの時代のことですから、痛い思いもしましたし、イヤな思いも散々経験しました。その記憶があったからでしょう、逆に自分はそういう思いをさせないような歯医者さんになろうと思っていたのです。
とはいえ、私はそのまますんなり歯科大学へと進んだわけではなく、それ以前は工学部に入り、エンジニアを目指していたことがありました。当時は家業である町工場を継ぐものと考えていたものですから。しかし、子供の頃に抱いた思いというのは、なかなか捨てられるものではありません。これはただただ運が良かったのですが、自分の道を切り開くチャンスを与えてもらったことで、改めてこの世界に進んだということなのです。
中で矯正歯科を選んだのは、矯正治療のダイナミックさに惹かれてのことでした。新たに咬み合わせを構築でき、それによってお顔もかわっていく。矯正治療の非常にポジティブなところに強く興味を抱き、学部の6年生の頃からのめり込んでいったのです。
『ひらの矯正歯科クリニック』は1995年に開院いたしました。私の住まいは三軒茶屋の近くです。愛着のあるこの街で、皆さんのご期待に応える医療を提供していきたいと思っています(東急田園都市線・三軒茶屋駅より徒歩3分)。

顎の関節から考えた矯正治療が特徴

平野 武弘 院長

MRIやCBCT(歯科用CT)による詳細な検査をもとにした、あごの関節を考慮した矯正治療が特徴です。家を作る際、大工さんはドアの蝶番のことを考えずに作ったりするでしょうか? 蝶番がずれたり、ネジにゆるみがあれば、そのドアはやがて調子が悪くなっていきます。矯正治療におけるあごの関節は、この蝶番に見立てることができます。人は、下顎の関節という蝶番を支点とし、お口を開け閉めしているのです。あごの関節を考慮せず、歯並びを揃えるのは、のちのち起こるであろうリスクを軽視しているのと同義です。当クリニックでは、MRIやCTを駆使し、あごの関節から考えた矯正治療をおこなっています。

充分な検査と的確な診断、そしてコミュニケーションを重視

平野 武弘 院長

患者さんの訴えにきちんと耳を傾けるとともに、矯正治療によって何が達成できるかをしっかりとご説明することが大切だと考えています。現実をしっかり伝えることも重要です。その上で、患者さんの希望に叶う治療方法を見出していかなくてはなりません。無理をして目の前のことだけをつくろう治療方針は、長期的に考えると大きな問題をはらむことになります。我々はプロフェッショナルとして、歯並びを治す(変える)ということが、咀嚼機能やあごの関節、歯肉やお顔立ちにも影響を与える治療だということをまず理解いただけるよう努めるべきなのです。
素敵な笑顔と美しい歯並び、良い咬み合わせをご提供するには、充分な検査と的確な診断、そしてなにより、患者さんとのコミュニケーションが大切と考えています。

かまえることなく、気楽に通って欲しいとの思いからつくった空間

1つには自分の趣味でもあったのですが(笑)、一目で歯科医院とわかるようなデザインでないことは確かですね。一般歯科の治療とは異なり、矯正治療はある程度の期間、こちらに通っていただかなくはなりません。その際、クリニックに冷たいような感じがあったらどうでしょうか、「行きたくない」となっても仕方がないですよね。患者さんが、見るだけで楽しいと感じられる空間に仕上がっているとすれば、それは非常にうれしいことです。
私は、普段から白衣を着用していません。アメリカの矯正医は大方そうですが、わりとラフな格好で通しています。これもやはり、白衣とマスクに「怖さ」を感じる子供が多いからという理由があります。誰もが気軽に、かまえることなく通っていただけるクリニックでありたいものですね。

これから受診される患者さんへ

関節からきちんと診て矯正治療をおこなえば、将来、より多くの歯を残すことができると思いますし、お顔立ちもきれいになり、あごの調子もよくなっていきます。また、最近では矯正によって歯槽膿漏の進行を遅らせる効果もあることがわかってきました。実際、クリニックにはそうした点を考慮され、50歳、60歳になってから矯正治療を始める方もいらっしゃいます。かく言う私も、40歳になってから矯正治療を始めました。鏡を見ながら自分で自分を治療したのですが、結果はご覧の通りです。
矯正治療にもさまざまな方法や考え方が存在しますが、私は現在おこなっているあごの関節から治療方針を決めていくフィロソフィーを、非常に理にかなった治療と考えています。今後は、患者さんのお悩みに答えていくと同時に、この方法がいつの日か、矯正治療のスタンダードとなるよう、その啓蒙にも力を入れていきたいと思っています。

※上記記事は2015.11に取材掲載したものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

平野 武弘 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:クルマ、水泳
  • 好きな本:クルマ雑誌
  • 好きな映画:男はつらいよ(寅さんシリーズ)
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:未在を知る
  • 好きな音楽:ソウルミュージック、R&B
  • 好きな場所:プール、海

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート