世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

小林 昭 院長/小林歯科医院(桜新町駅・歯科)の院長紹介ページ

小林 昭 院長

AKIRA KOBAYASHI

桜新町の地で60年。CureからCareを柱に、 これからも皆さんのかかりつけ歯科医として。

日本歯科大学卒業。1996年に『小林歯科医院』を父より院長を引き継ぐ(東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩5分)。

小林 昭 院長

小林 昭 院長

小林歯科医院

世田谷区/桜新町/桜新町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

父から子へ。三代に渡って受け継がれていく想い

小林 昭 院長

父は昭和31年(1956年)に『小林歯科医院』を開設していました。とくに「あとを継いでくれ」とも言われた記憶はないのですが、幼い頃から父の姿を見て育ち、自然とこの道を選択したというところなのです。
それはまた、息子(小林 崇裕 副院長)にしても同じようなものかもしれません。息子から見れば、父や祖父が診療している姿を見て、自然の流れで今に至っているのではないでしょうか。今現在、息子は週に2回、ここで診療をおこなってくれていますが、段々とそのウェートを高めていき、近い将来、彼が中心になって医院をもり立てていってくれればと思っています。患者さんと離れるのは寂しい気持ちもありますけれど、それが自然の流れというものでもあり、また、今彼が学んでいる新しいものをこの診療室に組み込んでいくためにも必要なことかと思っています。まあ近い将来と言いましても、あと数年はこの体制を維持していくつもりですし、それまでは全力で患者さんを診ていくつもりです。

お口の健康を維持していくかかりつけ医でありたい

小林 昭 院長

当院は、桜新町で最も古い歯科医院になります。父の代からの患者さんもいまだ元気にいらしていただいておりまして、そのようなご家族の方を診ていけるような、かかりつけ医でありホームドクターでありたいというのが、私達のスタンスです。
今は歯科も分野が細分化され、インプラントを含め専門性の高い治療が出てきております。そういったご希望に関しては適切な歯科医院を紹介していくのはもちろんとして、普段から健康に留意されている方々に何ヶ月かごとに通っていただき、お口の健康をサポートしていきたいと思っています。

「CureからCareへ」。予防を最優先

小林 昭 院長

もう20年ほど前からスローガンとして掲げているのが、「CureからCareへ」というものです。もちろん、抜歯や補てつ物を入れることもおこなっていきますが、そこで終わらず、キュアからケア、予防を心掛けていくということが当院のコンセプトとなっています。
実際に一昔前に比べれば、予防だけでいらしている方の割合が高まっているように思います。来院されるたびにチェックをおこない、スケーリングをし、問題がなければ、また何ヶ月後、という形で回転していくのが理想でしょう。
昔は、痛くなければ別に行く必要はない、という考え方が主流でしたよね。痛い時だけ来て、その痛みが無くなればもう来ないと。虫歯の数自体が多い時代でしたし、もう朝から晩まで、ひっきりなしに歯を削り、型をとっての繰り返しだった気がします。それがめっきり少なくなったことは、喜ばしいことですよね。

“優しく、親切、丁寧”がキーワード

患者さんが望まない治療を押し付けることはいたしておりませんし、削ることも最小限、抜歯はやむを得ない場合のみという方針で、なるべく自分の歯を保たせていく治療を心掛けています。
私の心にあるのは、“優しく、親切、丁寧”というキーワードです。歯医者さんに初めて来る方は、一様に緊張されていますよね。そうした状態のまま接していますと、主訴も上手く伝えられず、結果、痛みさえとればそれでいい、となりがちです。そうではなく、ゆっくり優しく話すことから始め、患者さんが安心を得られることを第一に考えています。お互いの意思疎通が上手くいくようになって初めて、インフォームド・コンセントが確立されるわけです。
最終的にはやはり、人と人なのですよね。そのつながりがなければ、こちらとしてどんなに最善の医療を提供したつもりでも、患者さんからしてみれば、「削られた」「抜かれた」という思いを抱くことになります。気持ちが通じ合い、安心できる場所と認識していただければ、予防のための意識もまた育まれていくのではないでしょうか。

これから受診される患者さんへ

自分の歯を長く残すことはどれほど素晴らしいことか。いかに技術が進めど、自分の歯に勝るものはありません。最後までしっかり自分の歯で噛めることが最善で、そのためにも是非、定期検診に通っていただきたいと思います。
若いうちから通っていただきたいのですが、少なくとも40代に達したなら、年に2回を目処に何の症状がなくても歯科医院を訪れる習慣を身につけていただければと思います。我々が診てわかることもありますし、その時点で最小限のケアをしておけば大事にいたらずとも済みます。悔いのない人生を歩むために、ご自身の歯をどうか大切になさってください。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小林 昭 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:旅行、ドライブ
  • 好きな本:マイライフを探る本
  • 好きな映画:卒業(The Graduate)
  • 座右の銘:悔いなき人生を生きる
  • 好きな音楽:ジャズ/マイ・ウェイ、この素晴らしき世界、セイリング
  • 好きな場所:蓼科

グラフで見る『小林 昭 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート