世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長/OS・OM齊藤歯科医院(用賀駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長

KOU SAITO & YURIKO

病気を治すことにもっと目を向けるべきで、徹底した医療化を進めていきたい。

大学卒業後、歯科医院勤務で訓練をし、研鑽を積み、2000年に用賀駅より徒歩5分の地に『OS・OM齊藤歯科医院』を開院

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長

OS・OM齊藤歯科医院

世田谷区/上用賀/用賀駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

想像以上に手を動かす技術に費やされる歯科医の仕事。

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長

【齊藤 功 院長】
私より先に兄弟や親戚が医療関係の道に進んでいたことと、両親に勧められたことから、この道を選択しました。歯学部に入ってみますと、入る前にイメージしたものとは多少違っていました。私のイメージでは、もっとお医者さんの世界に近いものと思っていたのですが、半分以上は手を動かす技術に費やされていました。指導教授の求めるものがこれまた厳しくてですね、当時は、「先生はこれができるの?」と思っていたものです(笑)。

【百合子 副院長】
母は電電公社、今のNTTに勤務し、父は船員をしていて、あまり家にいることはありませんでした。自分のことを意識した部分もあったのでしょう、母からは、「これからは女性も手に職を付けるべき」と言われ、何か資格をとれる仕事に就こうと考えたのです。
最初は、薬学部に進もうと考えていました。それが手紙を通じて母から父へと伝わり、父から、「歯学部なら6年間勉強ができる。歯医者さんを目指したらどうだ」とアドバイスを受け、それでこの道を選択することになったのです。
主人とは大学を卒業し、就職した歯科医院で一緒になりました。私たちが勤務した歯科医院は、学生時代の延長のような訓練を施してくださるところでした。今考えれば、それが良かったんでしょうね。資格は取っても、出たばかりの頃は何もできないわけですから。当時は毎日、心臓がバクバク鳴っていました(笑)。

【齊藤 功 院長】
2000年に『OS・OM齊藤歯科医院』を開院いたしました。2人ともに出身が地方だったものですから、家族と暮らしながら仕事も充実できる場所をと考え、この地にめぐり合ったのです。駅からすぐで人通りが多いところは、仕事として考えれば良いのですが、住居としてはちょっと、というところがありますよね。逆もまたしかりで、そういう意味ではちょうど良い塩梅の場所にたどり着けたと思っています (東急田園都市線・用賀駅より徒歩5分)。

病気を治すこと、徹底した医療化を進めていくこと。

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長

【齊藤 功 院長】
大学での教育にしても、従来の歯科は、歯をいかに上手く削るかということに重点を置いていました。周囲を見てもそうでしたし、自分にしたところでそうでした。そうではなく、歯科も医療である以上、病気を治すことにもっと目を向けるべきで、徹底した医療化を進めていくというのが、開院以来の当院のコンセプトになります。

【百合子 副院長】
職人としての技量を高めるだけではなく、医療の中の歯科という視点を持つことが大切です。治療をした歯が一生の間再治療をすることなく、治した状態のままで最後まで使っていただけるような治療を手掛けていきたいと考えています。

その病気の本質を理解し、どこまで徹底して治療をおこなえるか。

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長

【齊藤 功 院長】
特殊な機械や特別な方法が必要かと言えば、それは違います。大切なのは、根本の考え方や姿勢、熱意であり、それによって結果は明らかに違うものとなるのです。
もちろん、最新の知識を取り入れる努力は必要です。しかしそれ以上に大切なことは、その病気の本質を理解し、どこまで徹底して治療をおこなえるかという点にあると私たちは考えています。

【百合子 副院長】
同じ虫歯であっても、初期の虫歯では虫歯かどうかの判断を含め、どこまで虫歯を取り除くかは先生によって違ってきます。いかに取り残しがないように治療をおこなえるかが、再治療を防ぐ重要な要素となります。
2度と病気にならないようにするには、それだけの時間を要することもしばしばあります。しかし、たとえ時間が掛かってしまっても、1回しっかりと治してしまえば、そうそう虫歯になることはありませんし、結果として長く良い状態を保つことができるのです。

私たちの考えをお伝えした上で、患者さんご自身に治療の方法を選んでいただく。

【齊藤 功 院長】
求めるものは、患者さんそれぞれ。そこに無理にこちらの考えを押し付けたところで、意味のある治療とはなりません。当院では、私たちの考えをしっかりとお伝えした上で、患者さんご自身に治療の方法を選んでいただいています。

【百合子 副院長】
歯ブラシの指導にしても、初めはなかなかご理解いただけないこともあります。それでも少しずつ効果的に歯ブラシを使えるようになり、歯の揺れが治まってくるのを自覚されるようになると、そこから急に認識が変わってくることもあるのです。すべてを最初からおわかりいただくのは難しいかもしれませんが、ちょっとずつ、ちょっとずつご理解を得ていければと思っています。

これから受診される患者さんへ。

【齊藤 功 院長】
指導を理解していただけ、ちゃんと歯をみがけるようになっても、何ヶ月か経つとどこか緩むことがあります。当然ですよね、人間ですから。定期検診には、その気持ちをもう1度引き締める効果もあります。1週間がんばってみがいて、検診に行こうということになるわけです。
患者さんも満足していただけ、私たちにとっても、やりがいのある医療を提供し続けたいと思っています。お口のことで何か不安なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2016年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

齊藤 功 院長 & 百合子 副院長 MEMO

  • 出身地:[院長]山梨県 [副院長]福岡県
  • 趣味:[院長]ワイン [副院長]ワイン、カリグラフィー
  • 好きな本:[院長]政治・経済に関する新書 [副院長]その時に気に入ったものを。
  • 好きな映画:[院長]スター・ウォーズ [副院長]ニュー・シネマ・パラダイス、ハリー・ポッター
  • 好きな言葉・座右の銘:[院長]晴耕雨読 [副院長]一期一会、努力に優る天才はない
  • 好きな音楽・アーティスト:[院長]イージーリスニング [副院長]竹内まりや、山下達郎、嵐
  • 好きな場所:[院長]世田谷区 [副院長]用賀、博多

グラフで見る『齊藤 功 院長 & 百合子 副院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート