世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(世田谷区)―

岡田 雅嗣 院長/おかだデンタルクリニック(用賀駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

岡田 雅嗣 院長

MASASHI OKADA

地域の皆さんと歩んで行ける歯医者さんを目指して。

大学卒業後、大学の口腔外科講座に入局、大学院卒業後は歯科研究に携わりながら、都内の小児歯科専門医院に勤務、2012年に上野毛駅より徒歩15分『おかだデンタルクリニック』を開設。

岡田 雅嗣 院長

岡田 雅嗣 院長

おかだデンタルクリニック

世田谷区/中町/用賀駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

歯科医師だった父の背中を見て自然と目指したこの道。

岡田 雅嗣 院長

父が歯科医師だったこともあり、その背中を見ているうちに自然と、この道を目指すようになりました。
日本歯科大学を卒業後、大学の口腔外科講座に入局し、主に感染症とその免疫応答の研究に携わりました。この研究は歯科臨床における技術を深められると思います。実際に治療をおこないながら基礎を学びなおすことが、のちのちになって大きな意味を持つと考えたのです。その後、大学院卒業後は歯科研究に携わりながら、都内の小児歯科専門医院に勤務しました。そこの院長先生には多くのことを教わりましたが、とりわけ、患者さんとどう接していくかという心掛けの部分について、大きな影響を受けたと思っています。先生の薫陶があって、今の私のスタイルが確立されていったようなものです。
2012年に歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の『おかだデンタルクリニック』をこの地に開設いたしました。私にとってこの辺りは小さい頃から馴染みのある場所でしたから、紹介を受けて、一も二もなく決断したという次第です(東急田園都市線・用賀駅、東急大井町線・上野毛駅より徒歩15分。東急バス・神学院前/中町五丁目バス停よりすぐ)。

地域の皆さんと歩んで行ける歯医者さんを目指して。

岡田 雅嗣 院長

通りを歩いている人が、外からクリニックを見て雰囲気を感じとれて、子供が少しでも歯医者さんに行った時に怖がらないようにと心がけました。歯医者さんに行きたがる人は少ないですからね。私としては、気兼ねせず通って頂き、共に治療を行って一緒に治して行きたい思っています。
目指すところは、地域の皆さんと歩んで行ける歯医者さんでありたいです。
この辺りは若いファミリー層が多く、お父さんお母さん達だけでなく、子ども達も来院しています。ご覧の通り、壁には子ども達が描いた絵が所狭しと飾られていますが、これも初めに考えていたことではなく、流れでこうなってしまったというのが本当のところです(笑)。でも、子供が来やすい場所は、大人にとっても同じように感じられるのではないでしょうか。
車椅子の方やベビーカーがそのまま入れるように、バリアフリーにして誰にもやさしい医院づくりを今後も心掛けていきたいと思っています。

疾患の原因を明確にするためのツールを活かしながら歯を守る知識を深めていただきたい。

岡田 雅嗣 院長

疾患の原因を明確にするためのツールであり、治療の確度や正確性が飛躍的に増すという意味では、非常に大切な道具となってます。CTは抜歯やインプラント、その他さまざまな治療に応用可能です。歯周病や根の治療において、この歯を残せるか残せないかを診断する際、最後の最後に頼りになるものです。
とはいえ、これがなければ治療が成り立たないということではありません。道具があるからなんでもできるわけではなく、必要と判断した場合において、適宜用いていくようにしています。
当院ではCTの画像や口腔内写真をモニターで拡大してご覧いただいています。目で見てわかることで理解力が高まってくると思いますし、歯がどれくらい汚れているかを確認していただくことも、日々のケアのモチベーションアップにつながっていきます。最初からすべてをわかっていただく必要はありません。治療やメンテナンスにいらしていただくたびに、段々と歯を守る知識を深めていただければと思っています。

今後の歯科診療は、「治療から予防の時代」へ。

歯を抜かないで済む治療であり、今ある歯を残していく治療に力を入れていきたいですね。今後の歯科診療は、「治療から予防の時代」になると思われます。エビデンスを大切にしながら、その意識を共有しつつ、患者さんと二人三脚で取り組んでいければと考えています。

歯髄細胞バンクという言葉を耳にしたことはおありでしょうか? 近年、治療のために抜いた歯の“歯髄細胞”が、歯槽骨や神経、筋肉などの細胞に育てられることがわかってきました。今後さらに研究が進めば、虫歯や歯周病の治療だけではなく、身体のさまざまな病気の治療に使えるようになっていく可能性を有しています。地域のかかりつけ医として、“将来のあなた”を守るお手伝いをさせていただきたいと思っていますし、その一助となる可能性のある、歯髄バンクの啓蒙と普及にも取り組んでいきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ。

自分の身を守るのに、自分自身を理解できているほど心強いことはありません。そのお手伝いをしていけたらと思いますし、皆さんと一緒に私自身も成長していければと考えています。
いまや健康診断は常識となっていますが、歯科の検診もそれと同じ意識を持っていただきたいですね。それには、私たちからのお子さんの教育だけでは不充分で、やはりご家族全員に理解していただくことが、子ども達の歯を守っていくことにもつながっていきます。母と子にもっと優しく、そしてすべての方に愛されるクリニックを目指していきたいと思っています。

※上記記事は2015年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

岡田 雅嗣 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:将棋、自転車/柔道三段
  • 好きな本:推理小説、SF小説、将棋の本
  • 好きな映画:ショーシャンクの空に
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:一意専心
  • 好きなアーティスト:QUEEN
  • 行ってみたい場所:南アメリカ、ヨーロッパ

グラフで見る『岡田 雅嗣 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート