世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

池亀 康夫 院長/給田ファミリークリニック(仙川駅・リウマチ科)の院長紹介ページ

池亀 康夫 院長

YASUO IKEGAME

当院の3つのコンセプト「質の高い医療」「かかりやすい診療所」「地域の健康づくり」

東京慈恵会医科大学卒業。王子生協病院、CFMD(医療福祉生協連・家庭医療学開発センター)で家庭医のトレーニングを受け、多摩ガーデンクリニック小児科や河北総合病院救急部等に勤務。地元給田に『給田ファミリークリニック』を開院(京王線「仙川駅から徒歩7分、京王線「千歳烏山駅から徒歩14分)。

池亀 康夫 院長

池亀 康夫 院長

給田ファミリークリニック

世田谷区/給田/仙川駅

  • ●リウマチ科
  • ●内科
  • ●外科
  • ●消化器内科
  • ●肛門外科
  • ●肛門科
  • ●内分泌内科
  • ●小児科
  • ●小児耳鼻咽喉科
  • ●婦人科
  • ●血管外科
  • ●アレルギー科
  • ●腎臓内科
  • ●児童精神科
  • ●老年内科
  • ●気管食道外科
  • ●心臓内科
  • ●リハビリテーション科
  • ●漢方内科
  • ●形成外科
  • ●気管食道内科
  • ●内視鏡外科
  • ●泌尿器科
  • ●代謝内科
  • ●小児外科
  • ●小児皮膚科
  • ●乳腺外科
  • ●脳神経外科
  • ●産婦人科
  • ●神経内科
  • ●放射線科
  • ●耳鼻咽喉科
  • ●訪問診療
  • ●血液内科
  • ●精神科
  • ●ペインクリニック
  • ●胃腸外科
  • ●呼吸器内科
  • ●整形外科
  • ●性感染症内科
  • ●胃腸内科
  • ●心臓血管外科
  • ●新生児科
  • ●感染症内科
  • ●呼吸器外科
  • ●産科
  • ●糖尿病内科
  • ●救急科
  • ●皮膚科
  • ●腫瘍内科
  • ●心療内科
  • ●女性内科
  • ●消化器外科
  • ●循環器内科

家庭医を目指した理由

池亀 康夫 院長

当時、給田には医療機関がなく、地元の人のために役に立ってほしいという両親の希望や、人の心のケアに興味があったことから医師を目指しました。入学時は精神科も考えていましたが、実習でみた精神科外来は薬を出すだけで、患者さんが体の不調を訴えても、話をじっくりとは聞いていないようにみえました(病状からあえてそうしていたのかもしれません)。体や心も含め患者さんをトータルにみられる医師は何かと模索している中で、家庭医療と出会い、家庭医療のメッカである王子生協病院で研修をすることになりました。

家庭医とは「あなたとあなたの家族の専門家」です

池亀 康夫 院長

家庭医というとNHKの総合診療医ドクターGのような、なんでも診断できる医師を思い浮かべる方もいるかもしれません。確かに、診断学も好きではありますが、家庭医療はそれだけではありません。日本プライマリ・ケア連合学会は「近接性」「包括性」「協調性」「継続性」「責任性」の5つを家庭医の特徴としてあげています。家庭医とは気軽に何でも相談しやすく(近接性)赤ちゃんから年配の方まで、ご家族すべての方のよくある疾患を中心とした全科医療をおこない(包括性)福祉サービスも含めたヘルスケアチームを活用し、各領域の専門家と適切に連携し(協調性)ゆりかごから墓場まで、病気のときも健康なときも、患者さん・ご家族・地域の物語を継続性をもって傾聴し、ケアを提供、病院や施設ともカンファレンスなどを通じて、継続的なケアに関わり(継続性)主治医として患者さんの信頼を得るためにあらゆる努力をする(責任性)医師です。

対話を重視

池亀 康夫 院長

患者さんの思いや、状況は様々です。かぜの診療一つとっても患者さんは、以前に肺炎になってしまったのでまたならないか心配、仕事を休むことができないので何とかして欲しい、介護が必要な家族がいて移してしまうのではないか、など色々な思いをもって来院されます。我々は単一的に医療を提供するのではなく、患者さんとの対話を通じ、その人やその家族にとって最善の選択を患者さんと一緒にみつけていくことも大切だと考えています。

教育や、グループ診療をとおして医療の質を高めていきます

医療は進歩します、常に学ぶことをしなければ「質の高い医療」は提供できません。また一人で診療を続けるだけでは一人よがりの医療となってしまうリスクもあります。私たちは国立成育医療研究センターや東京慈恵会医科大学等の研修生の定期的な受け入れを通し、外部の目で診療をみてもらうことや、複数の医師によるグループ診療を行うことで、自分達を戒め、切磋琢磨しながら、地域のみなさまに質の高い医療を提供できるよう、謙虚さを忘れず日々精進してまいります。

町のよろず相談所として

例えば1000人の住人がいるとすると、何らかの異常を感じる人は1ヵ月に750人いるという話があります。そのうちクリニックや病院を受診する人は250人、入院する人が9人、大学病院に紹介される人が1人といいます。家庭医療診療所では入院や大学病院に紹介される10人以外、つまり健康な人も含めた990人の人を対象とします。
当院でも、健康教室やママさん教室、まちの保健室等の活動(詳細は当院ホームページをご覧ください)を通し、地域の健康作りを行っています。
これからもそこに住む人が安心して暮らせるよう、みなさまが困った時に、気軽になんでも相談できる「町のよろず相談所」として、地域のみなさまとともに様々な取り組みを続けてまいります。
よろしくお願いします。

※上記記事は2018年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

池亀 康夫 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 座右の銘:「常に学び、地域の人達に貢献する」

グラフで見る『池亀 康夫 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート