世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

中田 光紀 院長/梅ヶ丘ひかり眼科(梅ヶ丘駅・眼科)の院長紹介ページ

中田 光紀 院長

MITSUNORI NAKATA

日帰り白内障手術も実施
寝て治す近視治療オルソケラトロジーの専門医

日本大学医学部卒業後、同大学医学部視覚科学系眼科学分野に入局 。その後、駿河台日本大学病院、
国立病院機構東京災害医療センター、白鬚橋病院、高砂眼科での診療を経て、2013年、梅ヶ丘ひかり眼科を開院(梅ヶ丘駅北口目の前)。

中田 光紀 院長

中田 光紀 院長

梅ヶ丘ひかり眼科

世田谷区/梅丘/梅ヶ丘駅

  • ●眼科

ひかりを取り戻す手伝いをしたい…という想いがきっかけに

中田 光紀 院長

私が医師を目指したのは、医院名の「ひかり」とも関係がある出来事がきっかけになっています。私の家は両親とも会社を経営していました。留守番をすることも多かった私の相手をしてくれたのは、近所に住む高齢のご夫婦。特におじいさんとするキャッチボールが大好きでした。しかし、いつからかおじいさんがうまくキャッチボールをできなくなってきました。後で聞いたことなのですが、おじいさんは目が見えなくなっていることを隠して遊んでくれていたんです。亡くなった後、ご家族の方から「最後にもう一度みっちゃんの顔を見たかった…」と話していたことも聞かされました。その時「将来、絶対眼科医になって、目が見えない人を助けたい。ひかりを取り戻してあげたい!」と強く誓ったんです。
大学卒業後は母校の駿河台日本大学病院での勤務を経て、墨田区にある白鬚橋病院と葛飾区の高砂眼科でお世話になりました。診察から手術まで幅広く行った経験は、今の診療のプラスになっていると思います。また、当時の診療環境は患者さんとの距離がとても近く心地いい環境でした。自分が開院を考える際の大きなヒントになりましたね。地元の方に地域密着の医療を提供したいと考え、2013年、梅ヶ丘ひかり眼科を開院いたしました。医院名には先ほどお話ししたおじいさんへの思いが込められています(梅ヶ丘駅北口目の前)。

明るく過ごしやすい院内は色調をグリーンで統一

中田 光紀 院長

クリニックのある梅ヶ丘は私が暮らしている街であり、駅からは商店街が延びて活気があり、若い方からご高齢の方までいろいろな方がお住まいです。2年程時間はかかりましたが、ご縁があり梅ヶ丘に開院することができました。
開院する際に考えたのは、来て下さる患者さんに「ここに来てよかった」「先生に診てもらってよかった」と明るくなって帰っていただくことです。目の病気を患う患者さんは将来の不安な気持ちもあり、気分が沈みがちになることも多いからです。ですから、明るい院内にすることを第一に考えました。院内は配色を緑と白に統一。光がたくさん入るように設計してもらいました。色調は細部までこだわりましたね。使用する機械や院内のソファも全部特注で作っているんですよ(笑)。また、スタッフにも良い環境で過ごしてもらいたい…と考え、2階には手術室のほか、スタッフが休憩するスタッフルームも設けています。クリニックの近隣には保育施設があるほか、養護施設もあり、お子さんの患者さんからご高齢の方まで幅広い年代の方に来ていただいています。もちろん院内はバリアフリーで、車いすやベビーカーでの来院も大歓迎です。当院に足を運んでいただいた方には明るい気持ちになってお帰りいただきたいですね。

日帰りOKの白内障手術

中田 光紀 院長

当院では、ドライアイや目のできものといった目のトラブルから、近視や緑内障、白内障といった病気まで幅広く診療をおこなっています。お薬を使用しての治療のほか、糖尿病網膜症や緑内障にはレーザーを使用した痛みのない治療を行っているのが特色です。
中でも当院が力を入れているのが、白内障の手術です。世田谷区には白内障の手術を実施しているクリニックは多くありますが、入院になることが多く、日帰りでできる医療機関は数か所しかありません。当院ではその日帰り手術を毎週月曜日に行っています。
手術を受ける方は60歳以上と、ご高齢の方も多くいらっしゃいます。以前手術をした方は90歳以上のご高齢の方だったんですが、手術を終わって再び見えるようになったとき「先生、新しい人生が開けたわ。後20年は生きるわよ」と言ってくださいました(笑)。自分で手術をしていることもあり、こういうお言葉を聞く時は、眼科医になってよかったと思いますね。日帰りで手術を受けられたいという方はぜひご相談ください。
また、私は法人会で白内障、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病といった目の病気についての講演なども行っています。目の病気について知りたい方は、一度足を運んでいただければと思います。

着けて寝るだけの画期的な近視矯正法「オルソケラトロジー」

「オルソケラトロジー」という近視治療法をご存知でしょうか。これは就寝時に特殊なコンタクトレンズを装着していただく方法で、治療を受けることで日中、メガネやコンタクトレンズがなくても過ごすことができるようになります。割と昔からある方法なのですが、最近は使用するレンズの質がよくなったため、治療を受ける方も増えています。視力が劇的に回復される方も多く、中には0.1だった視力が1.5まで回復した方もいらっしゃいます。目の角膜が柔らかい若い方や、近視の度合いが強くない方におすすめの方法です。
特に小学生スポーツをしているお子さんの場合、自分一人でコンタクトを付けるのはとても難しいです。メガネをするのもいろいろと支障があります。また、小さいお子さんはコンタクトの使用自体が危険な場合もあります。オルソケラトロジーを使用すると、視力が上がり、裸眼で過ごすことができます。しかも近視の抑制効果もあるというメリットもあるんです。この方法は、ある程度大人になってしまうと角膜が固くなり効果がでなくなってしまうこともあります。自費治療になりますが、若いうちに行うほうが効果が高く現れます。近視に悩むお子さんをお持ちの方や若い方は一度ご検討してみることをおすすめします。

これから受診される患者さんへ

目に病気や不安なことがある方は「もしかしたら、見えなくなるのでは…」と不安になることが多いものです。当院にみえる患者さんには、納得した治療で笑顔でお帰りいただきたい、というのが当院の目標です。開院以来、当院の患者さんは1万8000人以上。これからも地域にお住まいの方の「ひかり」を守るため、医療を通じてお手伝いができればと考えています。
また、小さなお子さんをお持ちのお母さんは、視力に注意をしてあげて欲しいと思います。小さいお子さんは目に異常があっても、気づかないか、伝えることが出来ないもの。少しでも目が見えづらい様子を感じたらすぐに眼科医へ見せることをおすすめします。当院では、小児眼科の受診日を設けています。お子さんからご高齢の方まで目の病気は早めの受診が大切です。目やその周辺に少しでも違和感があればお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中田 光紀 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スポーツ全般
  • 座右の銘・好きな言葉:地の塩 世の光 いつも喜んでいなさい
  • 好きな場所:自然がありリフレッシュできる場所

グラフで見る『中田 光紀 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

梅ヶ丘ひかり眼科

世田谷区/梅丘/梅ヶ丘駅

  • ●眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート