世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

西 桂 院長/明大前西アイクリニック(明大前駅・眼科)の院長紹介ページ

西 桂 院長

KATSURA NISHI

地域に根差した「町のお医者さん」として
患者さんのニーズに幅広く対応する

東京女子医科大学医学部を卒業後、眼科を専門に研鑽を積む。大学病院や総合病院で幅広い症例に携わり、「石井眼科」勤務を経て現在に至る。

西 桂 院長

西 桂 院長

明大前西アイクリニック

世田谷区/松原/明大前駅

  • ●眼科

人の役に立ち、長く働ける仕事を求め、医療の道へ

西 桂 院長

私の場合、とくに両親が医師だった、というわけではなくて、父などは「女性の幸せは、結婚して家庭に入って…」といった考えの持ち主だったんですね。私自身も、高校を卒業する18歳の頃はまだ、将来の目標が定まっていなくて。まわりの友人たちと同じように、一度は女子大に進学したんです。それでもやはり、20歳を過ぎて自分の将来について考えたとき、結婚だけの人生はやっぱり違うのかな、と。女性でもあっても長く働き続けたい、人の役にたてる仕事をしたいと考えて、大学4年生のときに「医学部に行こう」と決めたんです。
眼科医になろうと考えたのは、手術など外科的な処置から内科的な治療まで、幅広い診療ができる点にやりがいを感じたからでした。私たちの「目」は、とても小さな器官ですけれど、糖尿病や高血圧などの全身疾患とも深いかかわりがあって、勉強していて楽しかったですし、何よりも「目」は本当にキレイなものなんですよね(笑)。また、人の五感の中でも、「見ること」はとても重要な役割があります。そんな目の健康を守る眼科専門医として、さまざまな症例に携わり、スキルを磨いてきました。

患者さんのあらゆるニーズに応える「町のお医者さん」として

西 桂 院長

大学卒業後、すぐに結婚をして2人の子供に恵まれたのですが、それでも大学病院での診療を辞めることはありませんでした。でも、「3人目を」と考えたとき、当直がある職場ではちょっと難しいなと思ったんですね。そんなときご縁があったのが、「石井眼科」の院長先生で、石井先生のもとで4年ほどお手伝いをさせていただいた後に、医院を継承する運びになりました。
私が院長となって、『明大前 西アイクリニック』として新たなスタートを切ってから、もう7年ほどが経つでしょうか。来院されるのは、小さなお子さんや明治大学の学生さんをはじめ、少し入った住宅地の方からご高齢の患者さんが足を運んでくださったり、前の医院からずっと、続けて通ってくださる患者さんもいらっしゃいます。そうした患者さんに向けて、コンタクトレンズを処方することがあったり、世田谷区の健診を承ることがあったり。地域に根差した「町のお医者さん」として、みなさまにご満足いただける医療をご提供していきたいと考えています。

病気の早期発見からコンタクトレンズの処方まで幅広く対応

西 桂 院長

目にあらわれる病気は、糖尿病や高血圧といった全身疾患と関係があり、当院でも近隣の内科クリニックなどと連携して診療にあたっています。また、年齢を重ねていきますと、白内障や緑内障、加齢黄斑変性などのリスクが高まりますので、年に1度は目の健康診断を受けていただきたいと思います。当院では、世田谷区・杉並区の特定健康診断に対応しておりますので、ぜひ定期的なチェックを心がけていただきたいですね。
一方で、学生さんに向けた診療で多いのが、コンタクトレンズの処方です。ひと口にコンタクトレンズと言いましても、ご自分の目のカーブに合ったものをお使いいただくのが理想です。当院でも、患者さんお1人お1人に合わせて…、といろいろ揃えているうちに、コンタクトレンズの種類が随分と増えてしましました(笑)。最近では、「マルチ」と呼ばれる遠近両用タイプのコンタクトレンズの性能がアップして、50〜60歳の方がコンタクトレンズ・デビューされることも少なくありません。私自身、遠近両用のものを使っていますが、品質や使い心地ともに、自信をもっておすすめできるレベルだと思います。

患者さんの訴えに耳を傾け、不安要素を解決する

患者さんを診察するときに心がけるのは、時間の許す限りお話を伺う、ということでしょうか。患者さんの訴えることが、そのまま病気であるとは限りませんけれど、不安なお気持ちで来院された患者さんの「不安要素」を解決してさし上げられるようにと考えて、日々の診療にあたっています。
最近は、テレビにも健康に関する番組が多くあって、みなさんとっても勉強なさっているんですよね。私がご説明するときなども、すぐに理解してくださる方が多くて、本当に助かっています(笑)。目の病気が特集された後、「もしかして?」という感じで、患者さんがドッと増えることもありますけれど(笑)、ほとんどの場合、怖い病気ではないことが多いですね。でもそんな風に、みなさんの意識が高まって、緑内障などの早期発見につながれば良いのかなと思います。

これから受診される患者さんへ

『明大前 西アイクリニック』は、京王線「明大前駅」の改札口正面にあるビル3階で診療しています。当院には、インターネットで検索をして受診してくださる方もいれば、近所の人にすすめられたからと言って来院される患者さんもいます。こうした「口コミ」は本当にありがたいものですし、「目のことで困ったら、西アイクリニックに行こう」と、みなさんに頼りにしていただけたら嬉しく思います。日々丁寧な診療を心がけ、この地域の医療に貢献したいと考えております、また必要な際には、適切な近隣の大学病院、専門病院へご紹介しております。何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

西 桂 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:美味しいものを食べること、料理
  • 好きな本:今話題になっているもの
  • 好きな映画:ローマの休日、ティファニーで朝食を
  • 好きな音楽やアーティスト:オペラや宝塚鑑賞へ家族と出かける。
  • 好きな場所:美味しいレストラン

グラフで見る『西 桂 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート