世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

渡邉 友美 院長/Shimokita Clinic シモキタクリニック(下北沢駅・訪問診療)の院長紹介ページ

渡邉 友美 院長

TOMOMI WATANABE

一般外来診療と訪問診療を通して、地域の皆様の健康を心身両面からサポート。

大学卒業後は杏林大学第一外科に入局、その後、消化器外科を中心に研鑽を積み「下北沢駅」南口から徒歩3分ほど、下北沢南口商店街の一角に『シモキタクリニック』を開設。

渡邉 友美 院長

渡邉 友美 院長

Shimokita Clinic シモキタクリニック

世田谷区/北沢/下北沢駅

  • ●訪問診療
  • ●外科
  • ●内科

「人の役に立ちたい」と考え医師の道へ。

渡邉 友美 院長

私は小さな頃から「人の役に立ちたい」と考えていました。健康優良児だった私はあまり病院に通ったことはないのですが(笑)、子供ながらに考えを巡らせて、いちばん純粋に人の役に立てると思えたのが医師だったということです。小学校の卒業文集に「将来は小児科医になる」と書いていたほどで、その想いは変わることなく金沢医科大学に学び、卒業後は杏林大学第一外科に入局。その後も東京都老人医療センターや虎の病院などに在籍するなかで消化器外科を中心に研鑽を積み、10年以上にわたってさまざまな外科治療に携わってきました。

自分の知識や経験をもとに、地域医療に貢献していきたい。

渡邉 友美 院長

当院は、京王線と小田急線「下北沢駅」南口から歩いて3分ほど、下北沢南口商店街の一角にあります。私はこれまで、外来診療や入院患者さんの治療に携わるなかで、愛着のある地元やご自宅に戻ることを希望しながらも、その願いを叶えられない方々の姿を目にして心を痛めることがありました。外科専門医であり消化器内視鏡専門医である私の知識や経験をもとに、地域医療に貢献することができたら。そんな想いから2016年、『シモキタクリニック』を開設しました。当院の大きな特徴は、一般外来診療と訪問診療を通して、地域の皆様の健康を心身両面からサポートしていることです。当院に通院されていた患者さんが年齢を重ねて在宅医療が必要になったとき、また、患者さんのケアをされていたご家族が病気になってしまったとき。地域の皆様の健康を守る家庭医として、ご家族のみなさんと世代を超えたお付き合いをさせていただきたいと考えています。体調面の不安はもちろんのこと、家族間のお悩みや介護の不安などを何でもお話いただけるような、「気軽な相談室」でありたいと考えておりますので、ささいな事もお気軽にご相談ください。

一般外来診療と訪問診療を中心に、地域の皆様の健康な毎日をサポート。

渡邉 友美 院長

当院では、一般外来診療と訪問診療を中心に、各種予防接種や検査、健康診断などを通して、地域の皆様の健康な毎日をサポートしています。内科では、風邪やインフルエンザといった感染症の治療や、糖尿病をはじめとした生活習慣病の診断・治療・管理を。私が専門とする外科の領域では、お料理をしていて手を切ってしまったなど、日常生活で起こりうるケガの治療にも対応しています。また、外来診療がスタートする前の朝一番(午前8時20分から)の時間帯には、予約制にて内視鏡の検査も受け付けています。私はもともと消化器外科が専門ですし、消化器内視鏡専門医でもあります。ピロリ菌の有無を確認して、胃がんリスクに備えるという意味でも、ぜひ一度ご自分の状態をチェックしてみることをおすすめしたいですね。当院の内視鏡検査にはごく細い管を採用しており、口から・鼻から、どちらにも対応が可能です。検査後は、お仕事に行かれるなど自由に過ごすことができますので、忙しい方にもご利用いただきやすいかと思います。

「患者さんの元気な顔」を覚えておくことで。

診療の際、大切にしているのは「患者さんのお話をきちんとお聞きする」ということでしょうか。「3分診療」と言われるような流れ作業的なスタイルではなく、患者さんの背景にあるものまでしっかりと把握し、一人ひとりに寄り添った医療をご提供したいと考えています。私自身、話すことは大好きですし、何気ない会話を通して患者さんが抱えるお悩みをキャッチできることもあるんですよ。病気のときも、そうでないときも、話し相手を求めて、という理由で来院くださっても構いません(笑)。当院に足を運んでいただくことで、少しでも元気に、明るい気持ちになっていただけたら嬉しく思います。当院では自費診療メニューとして、手掌多汗症や巻き爪の治療、コイン健診などをご用意していますが、それは、病気のときだけでなく元気なときにもお越しいただきたいという想いから。「患者さんの元気な顔」を覚えておくことによって小さな変化に気づき、私ができる最大限のサポートをしてさしあげたいと考えています。

これから受診される患者さんへ。

ちょっとしたケガや皮膚トラブルなどで「何科を受診したらいいかな?」と考えたり、「こんなことで受診してもいいのかな?」と悩んでしまうケースもあるでしょう。もちろん、地域の皆様の「気軽な相談室」を目指す当院では、どのようなご相談も大歓迎です。「こんなこと聞いてもいいかしら?」などと思わずに、疑問に思うこと、不安に感じることがありましたら遠慮なくお伝えいただきたいと思います。小さなお子さんからご高齢の方まで、みなさんが気軽にご利用くださるようなクリニックでありたいと願っています。

※上記記事は2016.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

渡邉 友美 院長 MEMO

外科専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:愛知県(下北沢生まれ)
  • 趣味:スキー、キャンプ
  • 好きな本:医学雑誌、推理小説
  • 好きな映画:洋画(恋愛ものやサスペンスなど)
  • 好きな言葉・座右の銘:隣の芝生は青く見えるので、自分の芝生をちゃんと見る(他人の良いところばかり見るのでなく、自分の道をしっかりと歩むこと)
  • 好きな音楽:洋楽(R&Bなど)
  • 好きな場所:海のあるところ

グラフで見る『渡邉 友美 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート