世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 患者の声(世田谷区)―

ニコタマ大腸・肛門クリニック(二子玉川駅・肛門科)に寄せられた患者の声ページ

患者が薦める
ニコタマ大腸・肛門クリニック

50代男性/50代女性の声

BEST RECOMMEND WORD

患者の為に何をしたら良いのかということを一番最初に考える人なんですね。お金がかからない、生活水準を落とさない、楽である、それを実践するという姿勢は説明から何からすごく一貫して感じます。

50代男性の声

Q.来院はいつから?
A.半年ですか。実質2か月で終わっているんですが、最後が忙しくて来れなくて、ここまで伸びちゃっただけ。
Q.来院のきっかけは?
A.実は長いこと痔で苦しんでしたんですが、その時にネットで調べてすごく評判の良いお医者さんに行ったんですね。そうするとすごい綺麗な最新設備のある病院で、(そこの先生が)写真を見てこれは手術しないと大変なことになりますよと言われて、あっそうですかと言ってすぐ別室に通されて、手術いつしますかって看護師と話をするような流れ作業で、その時に費用が高い保険が効かないものが約30万円、入院10日、1か月は新幹線や飛行機で遠出をしてはいけない、もちろんバスもですね。私は自由業なので仕事ができないのは大変困るんです。それでちょっと待ってくださいと言って困っていて、それをつぶやいたんですねFacebookで。それで黒田先生が声を掛けてくださって、こちらに来て診て頂こうということになったわけですね。
Q.治療内容は?
A.結紮術という方法なんですが、いぼ痔の処置っていうのは手術をするか薬剤を注入するか結紮術かと三択のようなんですが、手術と薬剤が主流なんですね。僕も最初は結紮術っていうのは気にしてなかったんですが、黒田医師にその症状なら手術も薬剤もいらないと、縛ってしまえば一発で取れますよとそれを聞いてびっくりしてやって頂いたんですが、結紮術という痔核を縛ってしまって壊死させるというそういう方法ですね。
Q.結紮術後はどうですか?
A.QOLは圧倒的に上がりましたね。排便が楽になったのと出血の恐怖がなくなったっていうのが最大ですか、仕事柄飛行機をたくさん乗らなければいけないので、飛行機に乗っているときに出血すると大変なのでびくびくしてたんですが、完全になくなりましたので快適になりました。
Q.先生の対応や印象は?
A.患者の為に何をしたら良いのかということを一番最初に考える人なんですね。お金がかからない、生活水準を落とさない、楽である、それを実践するという姿勢は説明から何からすごく一貫して感じます。
Q.スタッフ方の対応は?
A.人間味があるというか、あまりマニュアル通りに喋ってる感じがないのが僕としては好印象ですね。
Q.おすすめポイントは?
A.安くて楽で早くてという方法を考えてもらえるということですね。結紮術、痔核が2つあったので2度やってもらったですが、薬代含めてほぼ1万円で済んでるんですね。手術するより圧倒的に経済的で、(手術は)アルコール厳禁なわけです。手術して1か月は飲めないわけですけど、アルコールを飲んでも縛った先には影響がないので、実際、結紮術自体はものの5分で終わるんですね。その晩、実は接待だったんですけど、飲みに行っていいですかって言ったら「もちろん問題ないですよ」って、生活の水準を落とさずペースを変えずに治療をできる方法を彼は一番考えてくれる人なので、それが勧めたい点ですね。
Q.先生に一言
A.ぜひこういう治療をみんなに理解して頂いて、僕のように助かる人を増やして欲しいなと思いますね。

50代女性の声

Q.来院はいつから?
A.3年ぐらい。
Q.来院のきっかけは?
A.ネットで(調べました)
Q.先生の対応や印象は?
A.先生は言葉を的確に手短に、でも書いたものに印をしながら、わかりやすくすごく丁寧に説明をしてくれます。患者さんサイドの目線で診察してくださるというか、選択を患者に任せてくれるので、でも言うことはちゃんとおっしゃってくれるんですけど、最終的な選択の部分を残してくれるから優しいなって思っていました。
Q.スタッフ方の対応は?
A.みんな親切で配慮してくれるので、助かります。
Q.おすすめポイントは?
A.先生が腕が良いんじゃないかなとすごく思います。だからそこですね、信頼できます。
Q.印象に残っていることは?
A.手術を受けたら事前に危惧していたこととか不安とかは全然なくて、本当にすごくすぐ楽になったので、こんなことならもっと早kしたら良かったなとか思ったんですけど、それを先生に言ったら先生は自分が決めたときがタイミングだからっていう、無理やり威圧的にやりなさいっていう先生ではないので、信頼できるお医者様だなって思います。
Q.先生に一言
A.本当にお世話になりましたありがとうございます。

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート