世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

清水 顕 院長/駒沢皮膚科クリニック(駒沢大学駅・皮膚科)の院長紹介ページ

清水 顕 院長

Akira Shimizu

駅から直結のクリニックで地域に密着
コミュニケーション重視でオンリーワン医療を

1993年に山梨医科大学を卒業し、同大学病院に勤務後、1996年がん研究所生化学部所属。1998年スウェーデンのルードヴィックがん研究所研究員。その後、山梨医科大学皮膚科医局長として勤務後、2003年11月に自らの地元でもある世田谷区に開院。

清水 顕 院長

清水 顕 院長

駒沢皮膚科クリニック

世田谷区/上馬/駒沢大学駅

  • ●皮膚科
  • ●形成外科
  • ●美容皮膚科

臨床・研究を経て地域に密着したクリニックを開院

清水 顕 院長

学生時代は理系科目が好きだったため、その分野に進もうか迷いました。しかし病気のしくみや治療方法などにも興味を持ち、家族の後押しもあったので医師を目指すことを決意しました。
皮膚科に進んでからは大学病院やがん研究所で皮膚がんの臨床に携わり、その後スウェーデンに留学し、さらに皮膚がんや腫瘍、その発生メカニズムなどの研究を進めてきました。まだわかっていない病気やがんの研究もとても興味深かったですが、大学病院で学んだ事や研究の結果を地域の患者さんへの臨床へ直接生かしたいという思いが強くなり、地元世田谷の駒沢大学駅で地域に密着したクリニックの開業に至りました。

平日夜8時まで、土曜も診察、だれもが通いやすいクリニックに

清水 顕 院長

地域に密着したクリニックにしたいという思いから、気軽に来院していただくために出来るだけ通ってもらいやすい環境・体制を整えています。駒沢大学駅より直結でおこしただけますし、平日は夜8時まで開いておりますので、普段お勤めのかたも無理なくおこし頂ける点も、当院の特徴といえますね。そして、待ち時間も出来るだけ長くならないようにと工夫しています。また皮膚科の場合、軟膏やかゆみ止めだけで済む場合もありますので、ご希望される方にはクリニック内でお薬をお渡しできる院内処方もおこないます。おかげさまで、お年寄りからお子様まで年齢・性別を問わず、幅広い患者さまに来院していただいております。
治療方針については、一人ひとりに合った方法が必要だということを常に主眼においております。たとえば、塗り薬が良い方もいれば、飲み薬の方が良い方もいらっしゃいますので、お話をしっかりと聞いたうえで、それぞれの体質にあった処方を選択できるようにしています。お付き合いの長い患者さまとは時にはプライベートなお話をすることもありますが、それによって、患者さまのストレスやご家庭で予防できることが見えてくることもあります。良いコミュケーションで良い治療ができることも事実です。
また皮膚疾患の場合、皮膚腫瘍であるものも多く、その場合は切除手術をする必要があります。当クリニックでは手術に長けた形成外科の医師と一緒に診察を行っておりますので、いぼやほくろ、腫瘍切除まで当クリニックで手術をされる患者さまも多くいらっしゃいます。
皮膚トラブル・疾患・美容までお気軽にご相談頂きたいと思います。

個々のニーズに合わせた美容治療を提供

清水 顕 院長

当院では患者さまのさまざまな症状や悩み、ニーズにこたえられるように、無理のない美容治療も行っています。美容については、しみ・そばかす・肝斑(かんぱん)などの患者さまが多いのですが、まずは保険診療での美白剤や内服薬から始められます。そしてレーザートーニングやフォトフェイシャルやなど、最新の専用医療機器での治療を取り入れる事もできます。
例えばニキビ治療であれば、ダイレクトに毛穴に改善を促すケミカルピーリング。しみ・そばかすなどの様々なスキントラブルには、従来、内服薬や外用薬での治療がおこなわれてきましたが、沈着してしまったメラニンにIPLという光が直接的に働きかけ、同時にコラーゲンの再生を活性化させることのできる最新のフォトフェイシャル。皮膚へのダメージも少なく、完全な永久脱毛のできる医療ダイオードレーザー。そしてスイッチルビーレーザーや、いぼ・ほくろを取るCO2レーザーなども導入しており、医師のもとで体質にあった体に負担のすくない治療をすることができます。また保険診療で進められるところは保険診療行い、必要な患者さまには自費診療での美容治療をご提案していくようにしています。内服薬と外用薬での保険診療とをうまく組み合わせるなどし、ご相談しながら最適な治療を進めて行きたいと思います。

お子様にはスタッフ一同笑顔でサポート

お子様にとってやはり病院は不安が多いようで、なかには怖がってしまったり、泣いてしまったりするお子様もいらっしゃいますが、できるだけ安心して治療を受けて頂くためにも待合室には絵本を、トイレにはおむつ替え用のベッドも設置し、スタッフ一同笑顔でサポートするようにしております。
また皮膚トラブルの場合ですと、通院に加えご自宅での塗り薬を必要とする治療も多く、特にお子様の場合は保護者の方の協力も必要不可欠です。できるだけ短期間での通院で済むような適切な治療方法やお薬の選択をし、なるべく痛みを伴わない治療や保護者の方へのお薬の使い方の説明などが大切だと考えています。そして短期間で治るあせも、かぶれもあれば、長期にわたるアレルギー疾患やアトピーなどもありますが、保護者の方には、ご自宅でのお薬の使い方もしっかり説明し、体質改善を組み合わせながら最適な治療方法で進められるようにしています。

これから受診される患者さんへ

病気とまでは言えなくとも、お肌のトラブルはたくさんあります。そして些細な皮膚の疾患だと思われていることも実は深刻な病気の兆候だったりもしますので、そのような事態を早期で発見し治療・解決することが大切だと考えております。私は大学病院やがん研究所、研究施設での経験から普段見過ごされがちな、がん疾患の早期発見にも力をいれておりますし、当クリニックのコンセプトとして、患者さんのライフスタイルや体質にあったオンリーワン医療を心がけていますので、お肌のトラブルなどで気になる事があれば、たとえ小さなことでも構いませんので、まずはご相談ください。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

清水 顕 院長 MEMO

形成外科専門医 /皮膚科専門医

  • 趣味:ゴルフ
  • 好きな映画:流行りの映画全般(オールジャンル)
  • 好きな言葉・座右の銘:誠
  • 好きなアート:殷時代日本画
  • 好きな場所:ヨーロッパ

グラフで見る『清水 顕 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート