世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

津田 正彦 院長/つだ小児科クリニック(松陰神社前駅・小児科)の院長紹介ページ

津田 正彦 院長

MASAHIKO TSUDA

納得できる治療を、責任をもって行い、子供たちの健やかな成長を見守っていきたい。

父の想いを受け継いで日本大学医学部に学び、大学院を経て米国国立衛生研究所へ、4年にわたる研究生活を送った後、大学病院や関連病院にて小児科医療を専門に経験を重ね、東急世田谷線「松陰神社前駅」徒歩2分の地に『つだ小児科クリニック』を開設。

津田 正彦 院長

津田 正彦 院長

つだ小児科クリニック

世田谷区/世田谷/松陰神社前駅

  • ●小児科
  • ●アレルギー科
  • ●内科
  • ●皮膚科

歯科医だった父の想いを受け継いで医師の道に。

津田 正彦 院長

私は物心ついた頃からずっと、歯科医師だった父に「医者になれ」と言われて育ちました。医師になりたかったであろう父の想いを受け継いで日本大学医学部に学び、大学院を経て米国国立衛生研究所へ。現地では客員研究員として、4年にわたる研究生活を送っていました。帰国後は、駿河台日本大学病院をはじめ関連病院に在籍し、小児科医療を専門に経験を重ねるほか、病棟医長などの職も務めてきました。そして、ご縁があって1999年、この地に『つだ小児科クリニック』を開設しました。

信頼の医療を提供、そして往診などの医療活動で弱い立場にある人々をサポートしていきたい。

津田 正彦 院長

当院は、東急世田谷線「松陰神社前駅」から歩いて2分ほど、線路沿いを歩いて踏切のそば、青い看板が目印です。お車でお越しの方には、専用駐車場を設けておりますのでどうぞご利用ください。院内は、子供たちが喜びそうなファンタジックな雰囲気ですが、実は最初はもっとシンプルな作りでした。スタッフたちのおかげで徐々に今のスタイルが出来上がり、私自身もクリスマスツリーを出したり、季節ごとのウィンドウデコレーションを楽しんだりしています(笑)。そんな当院が大切に考えていることは、2つ。その1つは、たとえ他の医療機関を受診することがあっても「つだで診てもらったなら大丈夫」と言っていただけるような、信頼の医療をご提供すること。そしてもう1つは、往診などの医療活動を通して、弱い立場にある人々をサポートすることです。私は自分自身が納得し、患者さんにもご理解いただけるような、正しい治療を実践したいと考えています。

子供たちの「すべてを診られる」小児科を専門にして。

津田 正彦 院長

私が小児科を専門にしたのは、子供たちの「すべてを診られる」診療科目であるためです。風邪などの感染症、呼吸器系の疾患、発育や発達など。全身をトータルに診療するスキルが求められる小児科医は、難しさがある一方で、やりがいがあると感じています。もちろん、当院でも広く小児科医療全般に対応していますが、やはり最も多い症状は、熱が出た、咳が出たなど、感染症が疑われるケースでしょうか。医療は日々進化を続け、かつては常識とされた治療も今の時代には通用しない場合があります。そのため、これまでの知識と経験をベースにしながらも、医学書を読むなどして知識のアップデートを怠らず、確信の持てる治療を行いたいと考えています。日々の診療はもちろんのこと、各種予防接種や乳幼児健診を通して、子供たちの健やかな成長を見守っていきたいと思います。

子供たちを丁寧に診て正しい診断を下し、適切な治療につなげる為に。

私は、自分が納得できる治療を、責任をもって行いたいと考えています。たとえば、発熱した子供に抗生剤を処方して熱が下がったとしても、それは人間がもつ自然治癒力のおかげか、薬の作用によるものか、確証を得ることはできません。保護者の方が安心するからとむやみに薬を処方するようでは、正しい治療を行ったとは言えないのです。子供たちを丁寧に診て正しい診断を下し、適切な治療につなげる。そのためには、保護者の方に知識を深めていただくことも大切です。当院ではプリントや冊子を使って症状のご説明などに役立てていますが、クリニックのホームページ内でも、さまざまな病気や治療法についてご紹介しています。「せっかく受診したのに薬をもらえない」と不満をお持ちになになる方も、その理由を丁寧にご説明すると、ご理解いただけることが多いもの。私自身、今後もさらに勉強を続けて、「正しい」と確信がもてる治療をご提供していきたいと思います。

これから受診される患者さんへ。

現代社会においては、インターネット上でさまざまな情報を閲覧することできますが、そのすべてが正確であるとは限りません。何か問題が起きればニュースになりますし、人々が関心を寄せない内容は、ニュースで取り上げられることはないのです。過去のワクチン接種に関するニュースでも、重大な副作用があるため接種を見合わせることは伝えられても、再開した事実が話題になることはありませんでした。ワクチン接種については間違った認識をお持ちの方も多いですが、予防接種による恩恵は目に見えないものであり、当たり前のように元気で過ごせることがニュースになることはないでしょう。大切な子供たちの健康を守るため、保護者の方にはぜひ、よく考えて正しい判断をしていただきたいと思います。もしも疑問に感じることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2016.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

津田 正彦 院長 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書・ゴルフ
  • 好きな本・愛読書:宮沢賢治、村上春樹、東野圭吾
  • 好きな映画:ローマの休日、フォローミー
  • 好きな言葉・座右の銘:一つの目で星を見て、一つの目で土を見て
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『津田 正彦 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート