世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

稲見 誠 院長/いなみ小児科(三軒茶屋駅・小児科)の院長紹介ページ

稲見 誠 院長

MAKOTO INAMI

小児科医療と子育て支援を実践できる空間づくりを理想として。

大学卒業後、駿河台日大病院の小児科へ入局。腎臓疾患を中心に研鑽を積み、静岡県立こども病院の腎内科医長、大森赤十字病院の小児科副部長などを経験の後、「三軒茶屋駅」より徒歩15分ほどの地に『いなみ小児科』を開設。

稲見 誠 院長

稲見 誠 院長

いなみ小児科

世田谷区/下馬/三軒茶屋駅

  • ●小児科

開業医の父の姿、子供好きで進んだ小児科。

稲見 誠 院長

父が開業医をしておりましたので、私もごく自然な流れで日本大学医学部に進みました。もともと子供好きだったこともあり、卒業後は教授に誘われるまま駿河台日大病院の小児科へ入局。北里大学腎センターや東京女子医科大学腎臓病総合医療センターに在籍するなかで腎臓疾患を中心に研鑽を積み、静岡県立こども病院の腎内科医長、大森赤十字病院の小児科副部長などを経験。その後、1988年に『いなみ小児科』を開設しました。

子供たちの健康と、子育て中の保護者の方々をサポート。

稲見 誠 院長

当院は、東急線「三軒茶屋駅」から歩いて15分ほどの場所にあり、地域の子供たちの健康と、子育て中の保護者の方々をサポートしています。開設当初は少し離れた場所で診療をスタートしましたが、2015年に移転・リニューアル。私が理想とする小児科医療と子育て支援を実践できる空間づくりを進めています。4台分の駐車場を備えたエントランスを入った1階のスペースは、世田谷区の子育て支援事業「おでかけひろば」。エレベーターを上がった2階は診療スペース、3階は病児保育室「ハグルーム」になっています。また、地下1階にはプライバシーに配慮したカウンセリング室のほか、レントゲンなど検査室を備えるなど、このビル全体で地域の皆様の子育てライフをトータルにサポートしています。

それぞれのスペシャリストが専門外来を行う。

稲見 誠 院長

当院には、私を含めて5名の医師が在籍。風邪などの感染症治療をはじめとした小児科医療全般、乳児健診やワクチン接種などを通して、子供たちの健康と成長を見守っています。また、神経、精神、脳波、アレルギー疾患など、それぞれのスペシャリストが専門外来を行っており、お子さんのワクチンデビューなどもサポートしています。私が担当するワクチン外来では、生後2ヵ月頃の赤ちゃんを対象に、ワクチン接種のスケジュール設定や発育相談などに対応。病気に限らず、日常生活におけるちょっとしたことを気軽にご相談していただける環境を整えています。当院では院内感染予防のため、予防接種や健診目的のお子さん専用の診療時間を設けておりますので、安心して受診していただきたいと思います。

病児保育室をはじめとした子育て支援。

小児科医として診療をはじめて5、6年経った頃でしょうか。私は、子供たちの病気を治すことよりも、もっと大切なことがあると気づき始めました。子育て中の保護者の孤立を防ぐこと、悩みや喜びを共有できるコミュニティづくりをお手伝いすること。かつての日本に当たり前のようにあった地域社会の機能、将来を担う子供たちを皆で見守り・育てるというスタイルを復活させたいと考えたのです。その一環として2003年に立ち上げたのが、世田谷区の委託事業である病児保育室「ハグルーム」。保護者の方の就労支援という側面よりも、まず第一に病気の子供の安心・安全を考えて、2人のお子さんに対して保育者1人という体制で、感染予防にも配慮しながら保育を行っています。

そのほか、3~4名のグループで行う「ベビーマッサージ」は、赤ちゃんとのスキンシップはもちろんママ同士の情報交換の場として。1階フロアの「おでかけひろば」も、お友達づくりの場としてご活用いただけるのではないでしょうか。また、親業を学ぶ保護者向けプログラム「トリプルP(Positive Parents Program)」なども開催しておりますので、子育てにお悩みがある場合などはぜひご利用ください。今後も行政と連携を図りながら「産後ケア」などにも取り組み、さまざまなアプローチで子育て支援を展開していきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ。

ここ下馬地区に開業して、間もなく30年を迎えようとしています。私は小児科の専門医ですから、子供たちの病気を治療するのは当たり前のこと。それ以上に、日々子育てに頑張っていらっしゃる保護者の方を応援したいという気持ちを強く持っています。現在は当院での診療のほか、10施設以上の園医や校医を務め、全国病児保育協議会の会長として全国を飛び回る忙しい日々を送っていますが、そうした活動はすべて「保護者の方に子育てを楽しんでいただきたい」という願いから。核家族化が進む現代社会において、私のような小児科医が、子供たちだけでなく保護者の方の父親・母親的な役割を担っても良いのではないでしょうか。この地域における「開かれた小児科」として。子供たちの健康に関することはもちろん、日常生活で気にかかることなど、どんなにささいな事もお気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2016年4月に取材したものです。
それぞれのスペシャリストが専門外来を行

稲見 誠 院長 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書、暖炉で火を灯すこと
  • 好きな本:オールジャンル
  • 好きな言葉:なんとかなるさ
  • 好きな音楽:ジャズ、クラシック、J-pop
  • 好きな場所:山、信州

グラフで見る『稲見 誠 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート