世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(世田谷区)―

山田 勝士 院長/山田耳鼻咽喉科(三軒茶屋駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

山田 勝士 院長

KATSUSHI YAMADA

私のモットーは『自分がして欲しいように人に接すること』

大学卒業後、帝京大学耳鼻咽喉科学教室に入局。社会保険大宮総合病院の耳鼻科医長、帝京大学耳鼻咽喉科講師など、10年あまりにわたって研鑽を積み、東急線「三軒茶屋駅」から徒歩1分の場所に開業。

山田 勝士 院長

山田 勝士 院長

山田耳鼻咽喉科

世田谷区/太子堂/三軒茶屋駅

  • ●耳鼻咽喉科
  • ●アレルギー科

幼少期の憧れから医師になり耳鼻科医療の最先端でスキルを磨く

山田 勝士 院長

子どものころの私は病気がちなところがあって、「医療」はとても身近なものでした。夜中に熱を出して診療所を訪れることもありましたが、先生は眠い目をこすりながらも診察してくださったんですよね(笑)。そんな先生の姿が私の記憶に残ることになり、小学校の卒業文集にはすでに「医師か研究者になりたい」と書いていたようです。今思えば「医師になるように」と、両親にすりこまれていたのかも知れませんけれど(笑)。もともと手先が器用なこともあって、こうして耳鼻科医となったわけです。
私が入局した当時の帝京大学は、中耳炎をはじめとした耳の手術において医療界をリードする存在で、日本全国から患者さんがお越しになるほどでした。私自身、忙しくも充実した日々のなかでスキルを磨き、耳鼻科医として研鑽を積んできました。そうして培った知識と経験を地域の中で役立てたいと考えて、ここ三軒茶屋に『山田耳鼻咽喉科』を開設。地域の皆様の健康を守り、信頼していただける医療機関になることを目指して、日々の診療にあたっています。

手術用顕微鏡をはじめとした医療機器による精密な診療を実践

山田 勝士 院長

当院では耳鼻咽喉科専門医である私が幅広い症状に対応しておりますが、大学病院レベルの医療機器を備えて質の高い医療をご提供していることは、大きな特徴と言えるでしょう。たとえば、耳の診察・治療には「手術用顕微鏡」を使用しておりますが、患部を拡大して確認することによって確実な処置を行うことができます。一方で、患者さんには私が見ているのと同じ画像をモニターでご覧いただくことができますので、「何をされているのかわからない」といった不安や恐怖心を軽減できるのではないでしょうか。私自身、これまでに膨大な数の症例を手がけ、こうした処置については絶対の自信をもっておりますので、どうか安心して治療をお任せいただきたいと思います。
そのほか当院には、聴力検査室、鼻の内部や喉の異常を細かくチェックするための内視鏡などを備えているほか、血球数CRP測定装置を導入し、不必要な薬剤の処方を抑え、妊娠中や授乳中の女性にも納得してお薬を飲んでいただけるように配慮しています。。

子どもの中耳炎を心配する保護者の方にも分かりやすく説明

山田 勝士 院長

地域に密着した医療機関である当院には、小さなお子さんからご高齢の患者さんまで、年齢も性別もさまざまな患者さんがいらっしゃいます。とくに小さなお子さんについては、風邪からくる中耳炎の症状が多く、「なかなか治らない」からと保護者の方も不安な気持ちになられるようです。私も大学病院などで数多くの症例に携わってきましたが、体が未発達で免疫力も弱いお子さんは、どうしても中耳炎にかかりやすいもの。とくに保育園などで集団生活を送っている場合には、何度も風邪や中耳炎を繰り返してしまうんですよね。でも、体が成長して鼻と耳をつなぐ耳管がうまく機能するようになると、中耳炎で悩まされることも少なくなるものです。体の仕組みなどについても分かりやすくご説明することで、保護者の方に安心してお帰りいただけるようにしたいと思っています。もちろん、必要な場合には手術用顕顕微鏡を使用して、鼓膜を切開して液体を抜いたり、鼓膜にチューブを挿入するなどの処置も行っています。

すべての患者さんに「自分がして欲しい」と思える対応を

私のモットーは、「自分がして欲しいように人に接すること」。それは、来院される患者さんに対しても同じです。常に患者さんの立場にたって考え、痛い・怖いといったイメージを与えないように。清潔感のある院内環境を整えて、安全で確実な診療を行いたいと考えています。ですからぜひ、耳鼻科領域に気になる症状がありましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。花粉症の方であれば、症状が出る前に予防を。さすがに花粉の季節だけ海外に行くことは無理かも知れませんが(笑)、お仕事をしながらでも症状を和らげる方法をご提案できるかと思います。
喉や耳についても、ちょっとした違和感を放っておいたばかりに、重症の扁桃周囲膿瘍になり入院が必要となったり、突発性難聴が手遅れとなり治らなくなってしまうことがあるかも知れません。耳がつまる気がする、何だかボーッとする、といったことがありましたら、お早目に専門機関を受診していただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『山田耳鼻咽喉科』は東急線「三軒茶屋駅」から歩いて1分ほど、1階に100円ショップが入るビルの2階にあります。小さなお子さんからご高齢の患者さんまで、耳・鼻・喉に違和感を覚えることがありましたら、お気軽にご来院いただきたいと思います。

※上記記事は2016年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山田 勝士 院長 MEMO

耳鼻咽喉科専門医

  • 趣味:ゴルフ
  • 好きな本:推理小説、歴史小説
  • 好きな映画:家族と一緒に観る映画
  • 座右の銘:自分がして欲しいように人に接すること
  • 好きな音楽:オールジャンル(懐かしのヒット曲やクラシック、ジャズなど)
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート