世田谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(世田谷区)―

豊田 昌太郎 院長/けいこくの森動物病院(等々力駅・犬)の院長紹介ページ

豊田 昌太郎 院長

SHOTARO TOYODA

動物の総合病院として『特化すること』より『できないことを無くすこと』を心掛ける。

農学系の大学院で遺伝子を研究している頃、あるきっかけにより改めて獣医学部に入り直し、勤務医として経験を積んだ後、「等々力駅」より徒歩5分の場所に『けいこくの森動物病院』を開設。

豊田 昌太郎 院長

豊田 昌太郎 院長

けいこくの森動物病院

世田谷区/等々力/等々力駅

  • ●犬
  • ●猫

獣医師の父、そして改めて動物の命を救う仕事がしたいという思いを持ち。

豊田 昌太郎 院長

農学系の大学院で遺伝子を研究していた頃、異物誤飲で腸閉塞になってしまった友人の犬を助ける機会がありました。その友人からもらった『ありがとう』の言葉に感動して、この道を志したことがきっかけです。父が獣医師で小さい頃から動物に囲まれて育った影響もあったのでしょう。面と向かって動物の命を救う仕事がしたいと思い、改めて獣医学部に入り直しました。それから勤務医として経験を積んだ後、慣れ親しんだ地元であり、引退した父の医院があったこの場所で開業し、今に至ります。

裏手に広がる等々力渓谷の豊かな自然の中で、リラックスできる空間を目指し。

豊田 昌太郎 院長

当院の明るく開放的な待合室は、裏手に広がる等々力渓谷の豊かな自然をイメージしています。
洗練されたナチュラルな雰囲気を基調にしつつ、飼い主さんもリラックスできる空間を目指しました。椅子に仕切りを設置するなど大切な動物たちに配慮した設計になっておりますので、怖がりな子でも安心です。また、お天気がいい日は順番待ちの間に渓谷公園でゆっくりされることをお勧めしています。診察の時間になりましたら電話でお知らせしておりますので、気兼ねなくお散歩していただけますよ。

『特化すること』より『できないことを無くすこと』。

豊田 昌太郎 院長

動物病院は人間の総合病院にあたります。『特化すること』より『できないことを無くすこと』が重要だと考え、当院では動物専用のデンタルユニットを導入し、歯科治療を積極的に行っております。実はワンちゃん、ネコちゃんの8割以上が歯周病疾患を持っていると言われています。歯周病は全身疾患に発展するリスクもありますので、定期的なケアが必要です。また、近年増加しているアトピー性皮膚炎や膿皮症といった皮膚の治療にも力を入れたりと、普通は見逃してしまう領域までしっかりと診るようにしています。
今後も様々な勉強会に出席して、さらに技術と知識を向上させたいと思っています。

ハイレベルな検査機器により、リラックスして病気の早期発見に取り組む。

診察時にリラックスしてもらえるよう優しく接することはもちろん、あらゆる症状を正確に診断するために、ハイレベルな検査機器を揃えて病気の早期発見に取り組んでいます。そして、薬の成分がどう作用してどこが良くなるのか、病気の仕組みを理解して根源から治療できるように努めています。また、飼い主さんに安心していただけるよう、全ての検査データを視覚化して、治療内容を丁寧にわかりやすく説明することを心がけております。

これから受診される飼い主さんへ。

ワンちゃん・ネコちゃんは大切な家族の一員ですが、言葉を話すことができません。彼らは、言葉の代わりに様々なサインを通じて飼い主さんに気持ちを伝えようとしています。そのサインを見逃さないためには、やはり普段の様子を知ることが重要になります。そうすることによって、万が一病気になった時でも迅速な対応ができるようになるのです。当院では、飼い主さんがいつまでも楽しく『我が子』と日々を過ごせるように、定期健診を積極的に行っておりますので、是非一度ご来院ください。

※上記記事は2016年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

豊田 昌太郎 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:旅行、食べ歩き
  • 好きな本:獣医学書籍
  • 好きな映画:ショーシャンクの空に
  • 好きな場所・観光地:タイ、カンボジア、ラオス

グラフで見る『豊田 昌太郎 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート